TOP > ニキビに効果的なケアアイテム > 根本から改善!漢方で内側から顎ニキビを撃退せよ!

根本から改善!漢方で内側から顎ニキビを撃退せよ!

ニキビの原因は、外部からの刺激だけとは限りません。
実は、体調とも深くかかわっているのです。

そんな体の不調が原因のニキビには、
体の中から根本的な原因を改善してくれる漢方薬がおすすめです。

今回は体の不調からくるニキビ対策として、漢方でニキビを治す方法を紹介します。

 

漢方でニキビ体質改善!かかる期間と副作用は?

繰り返してしまうニキビには、体の内側からニキビの原因をなくしていく漢方がおすすめ。

しかし、気になるのは具体的な「かかる期間」や「副作用」。
それらの疑問を解決していきます。

 

効果が出るまでにかかる期間

では、漢方薬でニキビを治すのにかかる期間はどの位なのでしょうか?

漢方薬の効き目には個人差があり、人によって変わってきます。
効果が出るまでに早い人で3日~1週間程といいます。
また、長い場合には1年半は服用が必要といわれています。

風邪のような一時的な症状の場合、効果を感じられるのも早いです。
数ヶ月や1年以上繰り返すようなニキビの場合は、ゆっくりと体質を改善していく必要があります。
時間をかけてゆっくり改善すると考えたほうが良いでしょう。

 

PMSによる顎ニキビも漢方で治せる?

一方、PMSによる顎ニキビは漢方で治せるのでしょうか?

顎ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れから来ています。
だから生理前に顎ニキビが現れる方も多いと思います。

PMSによる顎ニキビ対策で、おすすめの市販の漢方薬は「命の母ホワイト」です。

命の母ホワイトは、生理の不調を改善する薬で、婦人科で処方される漢方の成分を多く含んでいます。

そのためPMSへの効果が期待できます。

 

悪化は「好転反応」?漢方の副作用

これらの漢方薬には副作用はありません。

しかし、万が一体質に合わない場合があります。
その場合は漢方医学でいう「証に合っていない」ということなのです。

実は、漢方薬には副作用と間違えやすいもので、好転反応というものがあります。

これは、体質が改善する前兆の症状のことをいいます。
そして漢方薬を飲んでニキビが悪化する場合には好転反応であることが少なくありません。

ただ、好転反応であっても症状が悪化した場合は、水をたくさん飲みましょう。
水によって排毒(体から不要なものを出すこと)が進むので、症状が和らぎます。

 

どれを飲めばいい?漢方の選び方

漢方医学では、その人の見た目や体質・状態などから「証」と呼ぶものに分類します。
そして、その分類と、その人の体質や状態にあった漢方薬を処方します。

自分の体質に合った漢方を飲むことで、体の中が改善され、ニキビも根本から治すことが期待できるのです。

 

証の種類

証は、「虚」「実」「中間」の3タイプに分けられます。
それぞれの特徴や見た目を紹介しましょう。

あなたはどのタイプに当てはまりますか?

 

実証

体力や免疫力がある人です。
血色もよく、肌ツヤもあり筋肉質で声が大きいのが特徴です。
また、食欲旺盛で疲れにくい体質です。

 

虚証

体力がなく、免疫力も弱い人です。
顔色が悪く、肌も荒れやすく、声が小さい傾向にあります。
寒がりで疲れやすい体質です。

 

中間証

虚でも実でもないタイプです。
「中庸」ともいい、バランスのとれた体質になります。

 

実証の人におすすめ!顎ニキビに効く漢方

体力・免疫力がある実証タイプの顎ニキビに効くおすすめの漢方薬を紹介しましょう。

 

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

血液の流れをよくしてお通じをよくしたり、ホルモンバランスを整える働きがあります。
また、イライラを鎮めて気分を落ち着ける効果もあります。
薬局やドラッグストアで買うことができます。

 

虚証の人におすすめ!顎ニキビに効く漢方

体力・免疫力がない虚証タイプの顎ニキビ対策には、以下の漢方薬がおすすめです。

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血行をよくして、体を温めて貧血状態を改善する効果があります。
この漢方薬は、ホルモンバランスも整えてくれることで有名です。

冷え性や生理不順など女性の特融の悩みにも効果があります。
薬局やドラッグストアで購入が可能です。

 

中間証の人におすすめ!顎ニキビに効く漢方

バランスのとれた中間証タイプの顎ニキビ対策におすすめなのは、以下の漢方薬です。

 

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

こもった熱を冷まし、解毒をして腫れや膿を鎮める作用があります。
赤みや炎症しているニキビによく効きます。

特に皮脂が多い人にはピッタです。
薬局やドラッグストアで購入できます。

 

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

10種類の生薬が配合されており、ニキビの化膿や腫れを鎮めます。
顔のニキビにはもちろん、お尻や背中のニキビに悩んでいる方にも向いています。
薬局やドラッグストアで購入が可能です。

 

桂枝茯苓丸加よく苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

血液の流れをよくし、肌の状態をよくしてお肌をキレイにする効果があります。
赤や紫色のニキビの治療によく使われていれます。

この漢方薬は、赤ら顔で生理が重めの人に向いています。
薬局やドラッグストアで購入できます。

 

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

体に起こっている炎症を鎮めて発散させる作用があります。
炎症のある赤ニキビに有効です。

皮脂が多く赤ら顔の人に向いている漢方薬です。
薬局やドラッグストアで購入が可能です。

 

加味逍遥散(カミショウサン)

血の不足を補い、体内の新陳代謝を活発にするのでターンオーバーを促す作用があります。また、ホルモンバランスを整える効果もあります。

ニキビはもちろん便秘や肩こりがある方やイライラしやすい方にピッタリの漢方薬です。
薬局やドラッグストアで購入することができます。

 

漢方を飲んでいればスキンケアは不要?

漢方を始める人の中には、「これでニキビは治るはずだ!」と、ニキビ対策用のスキンケアをやめてしまう人がいます。
しかし、これは大きな間違い。

なぜなら、漢方によるニキビ体質の改善には即効性が期待できないから。
少しずつ内臓の働きを強めたり血行を促すなどをして、体質的な要因が大きい顎ニキビができづらい体づくりをしていきます。

つまり、その体質改善の間にできてしまっている顎ニキビを放置していれば、当然ながら悪化してしまいます。

“今できている顎ニキビ”はニキビ用スキンケアで対策。
“将来できる顎ニキビ”を漢方で対策。
この2本立てで賢くニキビケアを続けていきましょう。

ニキビ用スキンケアについては、こちらの記事をチェックしてください!

参考:合わない化粧水が肌荒れのもと?顎ニキビケアに人気の化粧品10選

 

顎ニキビに悩む人に…おすすめ関連記事
皮膚科に行かずに治す!顎ニキビの治し方【顎ニキビ対策商品比較】
食生活や漢方などを試しても繰り返してなかなか治らない顎のニキビ…。原因から顎ニキビの治し方を解説!